【腱鞘炎対策マウスクリック削減計画】マウスクリック は二本指でクリック

マウスクリック は二本指でのクリックが指に優しい

 左クリックは普通は人差し指だけで行いますが人差し指と中指 二本指で行ってください。
マウスの設計が人差し指で押下する設計ですので最初はちょっとクリックにくいかもしれませんが慣れます。
2本指だと負担が半分、2乗とすると4分の1に成ります。

マウス上部ににすべり止め

革

手のひらの位置が変わるのでどうもマウスが滑りやすい気がします。
マウスの中心部分に滑り止めをしてください
布切れとか革ハギレを小さく切って両面テープで貼るといいです。
革のハギレを使う時はタンニンなめしがお薦めです。
ルイヴィトンのカバンの持ち手のベージュの革がタンニンなめしです。固くて丈夫です。
クロム鞣しだと金属アレルギーが心配です。クロム鞣しは柔らかくほとんどの革製品はクロム鞣しに成ります。

銀面(表面)を下にして床面(裏面)を上にしてすべり難いようにします。
手に馴染んでいい感じで長く使えると思います。

マウスの滑りを良くして手首に負担を減らす方法

マウスの滑りを良くするために裏側に出っ張るように小さいプラスチックパーツが張ってあります。
使い込むとプラスチックパーツが平らに成って抵抗が増えて動きが悪く成ります。
プラスチックパーツを小さく切って両面テープで貼ります。
小さすぎると両面テープだとキツイのでボンドでもいいかと思います。
設置面積が小さくなるのでマウスの動きが軽く滑らかになります。
マウスパットですがプラスチック製の方が良いかと思っていましたが布製の方が良いことがわかりました。
安物のDigio2 マウスパッドですがこれがコストパフォマンスがとても良いです。

フットペダル

右手の負担を減らす為に足でクリックするフットペダルも試したのですが結構足に負担がかかり使うのを止めました。
スネの筋肉が痙りそうな感じに成りかなり違和感が強いのですぐに中止しました。それと音が大きいです。
もしかしたら置き方に工夫をすれば使えるかもしれません。

腱鞘炎対応キーボード四方山話

銀行など金融機関で使われているプロ仕様のキーボードが有ります。
腱鞘炎対応していて、東プレのRealforceと言う名前で販売されています。
値段が2万円前後しますのでかなり高い部類になると思いますが高いだけの価値は有ると思います。
あなたの手は2万円以下ですか? そう考えると高い買い物では無いですね。
キーを押す重さが45gと30g混在とALL30gのキーボードが存在し、現在使用してているキーボードはALL30gですが、本当に調子が良く凄くおすすめします。
腱鞘炎対策で最後に辿り着いたキーボードですオンリーワンでしょうか。
腱鞘炎は本当に辛くてかなりの痛みが有りました。一番酷い時は虫歯の神経に来たくらいの痛みで、ぎっくり腰と同じくらいの痛みです。
またそれに伴い体調も悪くなり辛い日々を送りましたが腱鞘炎が治り現在は調子が良い日々を送っています。

お疲れ様です。最後まで読んで頂き誠に誠にありがとうございます。