【健康】温かい冬の布団の使い方 風邪が引きづらく治りやすい 簡易空気清浄機

温かい冬の布団の使い方

布団
布団
布団

上掛け毛布など
ペツトボトル湯たんぽ  人
敷き毛布
電気毛布
布団

毛布でサンドイッチ状態を作ると凄く温かいです。
さらに電気毛布で寝冷えの時の保険を掛けます
暑くて掛け布団を外しても敷き毛布で温かいと言うこです。
風邪を引く原因が減って風邪を引きにくくなり治りやすいです。
湯たんぽは足に使っては熟睡出来ませんので膝上にしてください。
膝下は熟睡の為に体温調整で使いますから温めては駄目と言うことです。

ペットボトルを使う理由

ペットボトル
ペットボトル
ペットボトル

ペットボトルを使う理由ですが細長くて脇から膝の横に置くことが出来ます。
飲み口の白い物が100度対応ですからそちらを使ってください。
耐久性は3年くらいは使えるようです。駄目になる時は白っぽく成って小さな穴が空きます。
500、900、1L、1.5L、2Lは寒さや保温時間で使い分けてください。
熱湯を入れる場合はタオルや布で温度調整の為に包んでください。

電気毛布は夏にはダニ殺し布団湿気飛ばしに使えます。
冬は温度は低いですが暖房機器として布団湿気飛ばし使えます

ハクキンカイロも凄くいいです。長時間暖かさが続きますのでオススメします。
1ヶ月間24時間使って燃料費は700円いかないくらいです。
ペットボトルに熱湯を入れてポケットに入れるのもいいですよ。
ハンカチなどで包んで温度調整をしてください。

外に出て体が暖まるまでが寒いのでその補助に
特に自転車に乗る時に暖かさをより感じられると思います。

空気清浄機

空気清浄機
空気清浄機
空気清浄機

空気清浄機は1台有るのですが もしかしたらハウスダストも原因のひとつかもと思いました。
気密性の高い家だと どうしてもハウスダストが完全には逃げて行きません。
ですから空気洗浄機1台だと足りないかもと考えて見ました。
安い簡単な空気清浄機をもう一台欲しいなと思ったので調べてみたところ激安が有りました。
要は扇風機とバケツで出来ると言うことですね、水がフィルターに成ります。PM0.0対応です
水は汚れる腐るので頻繁に交換しないと駄目です。ちょっと面倒なんですがしょがないですね
バケツでは無いのですが四角いプラの入れ物に水は張り上に四角い扇風機を載せただけ
それだけの簡単なものを作って見ました。また後日にレポートをします。

追記、編集します

お疲れ様です。最後まで読んで頂き誠に誠にありがとうございます。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする