【リーキーガット対応グルテンフリーダイエット】第3回 肉を食べないという選択

肉は腸の悪玉菌を増やす

肉料理
肉料理
肉料理

 半年でようやくリーキーガット良くなって来ました。ほとんど下痢をしません、逆に便秘気味になっています。
その代わりに鼻水がよく出ます、まだアレルギ物質が体に有ると思います。
風邪を引くとまず最初にお腹を壊します、次の日に体がダルイとか頭が痛いとかの症状が出るのが通例でした。
この所は風邪でも最後にお腹を壊す感じで順番が変わってきました。
グルテンフリーにして少し良く成っただけでしたが、寒天で症状はさらに良くなりました。
便秘気味と言うことで肉を減らし魚を増やしましたので、少し快便になって来ました。
肉を食べた日は少し体調が悪い感じがします。。。さらに魚を食べるように努力して見ようと思います。
油の差だと思っています、魚はオメガ3です、オメガ3が日本人は不足しています。
亜麻仁油を取っているのですが、ついつい忘れたしまい、2日に1回は取っれていません

食肉の問題点

牛
牛

鶏 42.0度
豚 39.0度
ひつじ 39.0度
うさぎ 39.5度
牛 38.5度
馬 37.5度

日本人が食べる動物は日本人よりもすべて体温が高いのです。
これが大きな問題を引き起こします。ドロドロ血に成り血流を妨げます。
指先、足先が冷たい人はこれも原因のひとつだと思っています。

体温を測って見ました

体温計
体温計
体温計

最近、体温を測っているのですが36.3~36.6度くらいです。
目標は36.8度なんです。これは50年前の日本人の体温です。
また欧米人の現在の体温です。

日本の常識だと37度は微熱ですね
それで欧米で医者に言うと笑われるそうです。
欧米の常識だと38度以上が微熱と言うことらしいです。
平均が36.8度ですからね、そうなりますね

昔、体温を測った時は36.0~36.5度くらいの記憶が有りますから
少し食事療法で体温が上がったようです。

グルテンフリー生活経過報告

グルテンフリー生活8ヶ月で ここ最近2ヶ月くらいですが、全く下痢をしません
風邪を引いても下痢をしません!ビックリです。少し便秘気味なくらいです。
夏に氷の入った飲み物を大量に飲むと下痢をしていたのですがそれも全く無しです。

少し前は通常時は下痢をしなかったのですが、風邪を引くと3日目くらいに下痢をしましたが
それも無くなったと言うことです。
グルテンフリー生活前は風邪の症状が出る1日前に下痢をしていました。
なんかお腹の調子が悪いなと成ると次の日は風邪の症状のダルさ頭痛が出ることが多かたです。

ただし、鼻水が凄く出て花粉症のような症状が出ています。
好転反応かもしれませんので様子見です。

お疲れ様です。最後まで読んで頂き誠に誠にありがとうございます。

参照サイト
体温 – Wikipedia
なぜ日本人の平均体温が下がったのか?その理由とは?

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする